お金に困り。

先日銀行のカードローンでお金を借りました。

給料日前という事もあり、お金が無くて生活に困ったので、仕方なく利用する事に。

借りた金額は3万と少額だったんですが、やっぱりお金を借りるって、ちょっと後ろめたさがあるというのか、借りづらいですよね。

他の人には絶対に言えません。仕方のない事なんですが、なんか恥ずかしく感じてしまいます。

でも、実際借りる事が出来てとても助かりましたね。

この3万円が無かったら、食事も出来なかったので、生きていくことも出来ませんでしたよ。

まあ、しっかり計算しながらお金を使っていなかった自分自身のせいなんですけどね。

自業自得ですよね。

これからは、今回見たく借りなくても済むように、自分自身でしっかりと考えながら、お金を使って行かなければいけませんね。

でも心のどこかで、また借りたらいいか、、、って思ってしまっている自分もいます。。。

オペ室勤務の友人

私の友人はオペ室での看護師として働いています。なんかこのオペ室で働くのが夢というか目標だったみたいです。

私からすれば、オペ室なんて何だか怖い気がしますよね。基本的に血を見るの事態が嫌というのもありますけど、オペ室なんて血だらけの患者さんが来ることもあるでしょうし、患者さんが無くなってしまうということもあるでしょうから。

こういう極限の状態ともいえる場所で働いている友人がすごいなーって思います。

今までは一般の病というっていうのかそういうところで働いていたみたいなのですが、オペ室看護師求人を探していたらいいのがあったらしく、思い切って転職することに決めたみたいですよ。思い切りって大事ですもんね。

この友人は転職したことによって、毎日かなり充実した日々を送っているようです。

看護師の仕事ってすごくハードだけど、私たちが安心して生活するために絶対的な存在ですから、感謝の限りですよね。オペ室で働きたい!って思ってくれる人がいないのも困りますしね。

 

兄も借りていた・・・

この前母親の借金が見つかったばかりで、みんなで母親のために返済を頑張ろうってなっていた矢先、兄から俺も借金があると言われました。

兄はアコムで借りていたようで、ちょっとアコムについて調べてみました。

なんでも、お金がどうしても必要になってスマホで調べているとスマホからの申込みとかが簡単にできる消費者金融があったのですぐに申し込んで借りたと・・・そのとき借りた額は3万円。それから簡単に借りれるっていうので足りない時にはキャッシングをして生活をしていたようです。現在借金は30万円ほどだそうです。母親のことはやはり守りたいというのもあるし、助けたいっていう気持ちが強いので見捨てるわけにはいきません。しかし、兄の場合は今以上に働くこともできるし、兄の借金まで私が助けれるわけもないので取りあえず、母の借金は私が助けていくから、兄には自分の借金を少しでも早く完済するようにいいました。

こんなことがポロポロで出てくるとなんて情けない家庭なんだと思ってしまいます。自分だけはそうならないようにしたいですね。お金がなければないなりの生活をする必要があると思いますし、やはり相談はして欲しかったですね。

 

母親がお金を借りていた

数日前に母親がお金を借りていたということが発覚しました。すごく真面目に人生を送ってきた人だったので、消費者金融からお金を借りていたというのにはホント驚きでしかありませんね。

専業主婦の母親でも借りられるキャッシングがあるっていうのにも驚きですけどね。調べてみると実際専業主婦の方でも借りられるようでした。

何で借りたんだろうということを問い詰めると、借金の保証人となっていた人が飛んでしまって、その返済を母親がしていたのですが、時々お金が足りないことがあり、そういう時にお金を借りたとのことでした。それを何度も繰り返しているうちに、自転車操業のようになって、今回家族にばれてしまうということになったようです。

保証人になって借りていたというのはしょうがないといえばしょうがないですよね。なんで保証人なんかになったんだ?って言いたいところですが、今もうそんなこと言ってもしょうがないですから。今の母親の借金をみんなで返済していくしかないでしょうね。

総額では、200万円近い金額になっていました。でも今まで母親もすごく悩んでいただろうなーって思うとなんだかわいそうになってきましたね。ずっと一人で抱え込んできたことですから。

金融って難しい

金融って漢字で書いてみれば2個の言葉ですが、いろいろと難しいですよね。イマイチ金融というのもがどういうものなのかっていうのがよくわかっていません。

ですので、これから金融について色々と勉強していこうと思います。社会人として金融っていうのは知っておいた方がいいと思いますので。